結婚式の二次会で喜ばれる景品をご紹介

2次会でもらって嬉しい景品嬉しくない景品、その選び方

結婚式の2次会を開くメリット

ゲーム大会の景品ならば、価値が横並びの同じような景品ばかりでは面白くありません。やはり目玉となる突出した高価な景品がいくつかあって、それでこそゲーム大会も盛り上がるというものです。 高価でありつつ、喜ばれる景品にはどんなものがあるのでしょうか。

2次会の目玉景品以外の景品

目玉景品が無くなった後も、グレードと価格は下がるものの、参加者の意欲を削がないよう、なるべく多くの景品を用意したいところ。 とは言え、参加賞ポケットティッシュのようなものでは嬉しくありません。多少安価でももらって嬉しい景品とはどんなものでしょうか。

2次会の上位の景品(目玉景品)

結婚式の後に開かれる2次会。多くの新郎新婦の友人たちを呼んで、大いに語らい遊び、祝う楽しい場です。
2次会はそもそも必ず開かなければならないものではなく、開催されたりされなかったりする場合があります。
2次会を開催しない理由としては、結婚式や披露宴の準備で忙しいところへ更に準備と手間が加わってしまう事が、開催を避けてしまう原因になりがちのようです。ただ、それに関しては幹事を別の人間に任せて、そちらに託して開催してもらう手を取る方も多くいるようです。
また、参列者にはご祝儀で既にお金を出してもらっている上で、更に2次会の参加会費として出費をさせてしまう事も、敬遠してしまう理由になっています。
更に、そもそも結婚式と披露宴をした後に2次会を行うので、開催時間も遅く、終了時間は夜遅くなってしまいます。そのため、参加者及び新郎新婦自身の翌日の仕事・予定に差し支えてしまう可能性が出てきてしまうのも、開催を避ける理由になっています。
しかし、結婚式や披露宴では、式の種類、形式によって親族のみで執り行ったり、会場の許容人数オーバーで呼びたい人全てを呼べない場合があります。
そこで2次会を開くことで、呼べなかった新郎新婦の友人たちを招いて共に祝う事が出来るのです。
また、例え結婚式に多くの友人が参加できたとしても、結婚式の多くは式場の関係などでスケジュールがタイトに作られ、新郎新婦と参加者がゆっくり会話をする事が出来ない場合があるので、その解消にも2次会を開くメリットがあります。
2次会ではゲーム大会やカラオケなどが催される場合が多く、ビンゴ大会などが開かれます。会費の平均価格は5000円前後とされている為、参加者への還元として、景品はなるべく良いものにしたいところです。

2次会の景品選びの失敗例とまとめ

これは面白い!これは喜ばれる!と思って選んだものの、引かせてしまったり困らせてしまう事もあります。その失敗例をまとめました。 この失敗例じゃなく、普通の商品でも困ってしまう方もいるかもしれません(下戸にアルコールセットなど)。そういう場合の為に、参加者同士の景品交換アリのルールを作っておきましょう。

TOPへ戻る